女性と子どもさんのためのはり灸・マッサージ

ふくろうはり灸院は、おひとりおひとりに丁寧な施術をさせていただきます。整骨院のように、カーテンで仕切ったベッドがずらりと並んではいません。 ふくろうはり灸院の鍼は、東洋医学を基に、日本で独自の発展をした、“脈診流経絡治療(みゃくしんりゅうけいらくちりょう)” です。 脈診流経絡治療とは、宇宙がさまざまな要素でバランスを取りながら存在している事と同様に、身体を小宇宙として見ることで、身体や心の全体的なバランスを整える治療法です。 脈で、身体の状態を診断、適切な施術を行い、私たち人間が本来持っている自然治癒力や生命力を高める事で、快方へ向けていきます。 もちろん国家資格保有で、使用するはりは使い捨て(ディスポ鍼)です。 鍼は怖い、苦手とおっしゃる方には、マッサージもございます。 安心してお越しください。

ふくろうはり灸院のはりは痛くありません

鍼灸には、様々な流派や施術方法がありますが、ふくろうでは、基本的には鍼を刺さずに、ツボに軽く当てる接触程度の刺激で行いますので、ほとんど痛みは伴いません。中には、鍼をしたのを感じない方もいらしゃいます。 これは、東洋医学では、気は皮膚表面を経絡という道が走り、そこを巡っている。その為、深く刺す必要はないと考えているからです。 もちろん必要によって深く刺す事もありますが、基本的には皮膚表面で施術します。

心も体もおだやかに過ごすために定期的にお越しください

私たち人間は、色々な外からの影響を常に受けています。 自動車が定期的にメンテナンスを受ける事で、いい状態を維持する事と同じように、私たちも、自動車以上にメンテナンスを受ける必要があります。(自動車みたいに硬い鉄で出来ていて、壊れたパーツはハイ交換!と言う訳にはいきませんからね) 鍼やマッサージは、習い事のように週に1回は受けていただくのがベストですが、諸事情で来られない方には食事や養生法もアドバイスさせていただきます。(実践いただくと、より治療効果があがります)

安産のために妊娠中のはりきゅうをお勧めします

安産灸ってご存知ですか? 妊娠中の倦怠感・骨盤が広がる為に起こる腰痛等に対して効果があり、身体と心が安定した妊娠を促します。風邪等をひいても薬は飲めないので、きゅうや温熱器による温熱治療で免疫力を上げて快方へ向かわせます。 安産灸は、妊娠5カ月の安定期から始めます。母体の血液と羊水をきれいにする作用があり、赤ちゃんのいる環境がよくなり、栄養も行き届きやすくなります。 半米粒大のお灸を“三陰交”というすねの内側のツボにすえます。直接皮膚の上にすえるのですが、どうしても熱さが苦手という方には、ほんのり温かい温灸を使用します。

産後のお母さんと赤ちゃんのために

お母さんの出産後の疲労回復、育児疲れ、赤ちゃんの夜泣きかんのむしにもはりきゅうをお勧めします。 お母さんは、お子さんが産まれてからも大変です。身体の気の巡りも悪くなり、赤ちゃんも敏感にそれを察知して、余計に夜泣きなどがひどくなる事がよくあります。 お母さんと赤ちゃんのための鍼灸は、母子ともに気の巡りを良くし、健やかな成長が期待できます。赤ちゃんのためのはりは、刺しません。鍼は大人に使用するものと同じものを使用しますが、鍼先を横に倒して軽く当てて、手や足・お腹・背中をなでなでします。 東洋医学では、子供は大人に比べて気を沢山持っていると考えられています。その為、軽くなでさすってあげるだけで、気が巡りだし、自分の力で快方に向かわすことができます。体がいい状態になれば、夜泣き、肝むしなども少なくなっていきます。治療時間は5分以内です。 子どものはりは、産まれてすぐでも受ける事は出来ますが、基本的には安心して外出出来る頃から受ける事をお勧めします。 託児もございます。ご予約時にご相談ください。

ふくろうはり灸院院内施術料金

ふくろうはり灸院の院内施術料は実費です。医療保険・健康保険はご利用になれませんのでご了承ください。

院内はり・きゅうの料金(実費)
はり・きゅう  一般  4,000円

学生  3,000円

中高生 2,000円

小学生 1,000円

子どものはり(約5分・未就学児) 500円
安産灸 500円
マッサージ(30分) 3,000円
マッサージ(60分) 5,000円

 

 ▲ページトップへ戻る